Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

子供でも分かる!

【Phothoshop cc 2017】(フォトショップ)ワークスペースのおすすめと解説

アユム
WRITER
 
ワークスペース
この記事を書いている人 - WRITER -
アユム
完全独学で風景写真を始めて7年でようやく仕事の依頼をもらえるようになってきた北海道出身栃木県在住のフォトグラファー。 ひょんな出会いから和紙ックという商品の公認フォトグラファーになれたり、奥飛騨温泉郷再生プロジェクトのビジュアルを担当させて頂いたり、振り返ると人生は縁だという事を常々感じ、ボランティアや人との出会いに積極的に時間を使っています。 好きな言葉→【自分事】【必要な時に必要な場所で必要な出会い】 カメラは今迄もこれからも『SONY一筋』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちはあゆむです!!

今回はPhotoshopの基礎中の基礎「ワークスペース」について解説していきたいと思います!!

既にPhotoshopを使っている方はあまり意識しないところかもしれませんが、ワークスペースを自分の作業に適したかたちにカスタマイズできれば、作業効率もぐっとあがるのでおさらいしましょう!!

 

ワークスペースとは

 

ワークスペースとは、パネルの種類や配置場所を保存するものです。

と言うと難しく聞こえるかもしれませんが、作業デスクを想像してもらうと分かりやすいかと思います。

例えば、仕事でデスクワークをこなしている方は、普段よく使う道具はデスクの上のとりやすい場所に配置してありますよね?

逆に、たまに使うけど、普段メインで使わないという道具は引き出しの中の取り出しやすい場所にしまってあるはずです。

もしこのように整理整頓されたデスクであれば作業効率は上がりますが、逆に普段使わないものまでデスク上に散乱しているようでは作業効率はかなり悪くなりますよね。

Photoshopのワークスペースにも同じことが言えて、ワークスペースには使わない道具(パネル)は出さずに必要な道具(パネル)だけを使いやすい場所に配置して、作業効率をあげていきましょうというのがワークスペースを理解するうえで大事なポイントです!

()で記しましたが、Photoshopのワークスペース内で配置する道具というのは「パネル」のことです!

パネルについては後日記事にします。

 

ワークスペースのカスタマイズ

 

ワークスペースについては正解不正解といった概念は存在せず、いかに自分なりに効率のいいワークスペースをつくれるかといったところが大事になってきますので、当然ワークスペースをカスタマイズしていくことが可能です!!

ワークスペースのカスタマイズとはいえ、要はいかに必要なパネルを作業効率のいいかたちに配置していくかと言う話になります。

そこをふまえてカスタマイズの方法です!!

パネルの使い方

1.パネルの表示・非表示

2.パネルのメニューを表示

3.分離しているパネルをドッキングする

4.パネルをたたむ

5.パネルのサイズを変える

 

1.パネルの表示・非表示

・パネルの表示

まずはパネルの表示方法ですが、メニューバーの「ウインドウ」をクリックしてから表示したいパネルをクリックしてチェックマークをいれると表示されます!
パネルの表示

 

 

・パネルの非表示

いくつかの方法があるのですが、パネル共通で右上の×をクリックするかパネルメニューを表示させて「閉じる」をクリックすることで非表示にできます!
パネルの非表示

 

・ショートカット

このほかにもパネルを表示・非表示の切り替えのショートカットがあって、Tabキーを押すことで画面上に表示されているパネルの表示と非表示を切り替えることが出来ます。

あくまでも既にワークスペース上に表示されてあるパネルの表示・非表示です!

画像のレタッチで画面いっぱいに表示させた時等に、パネルが邪魔に感じた時はTabキーで一括非表示にしましょう。

 

2.パネルメニューを表示

右上のメニューをクリックする事でパネルメニューが表示されます!

このパネルメニューでは各パネル毎にオプション設定が出来ますので、詳細は各パネルの記事を書いていくときに説明していきます!!

パネルメニュー

 

 

3.分離しているパネルをドッキングする

Phothoshopでは多くのパネルある為、複数のパネルを一つにまとめてタブ化することが出来ます。

この事を「ドッキング」といいます!

そうする事によってワークスペースを散らかすことなく、必要な複数のパネルをコンパクトにワークスペースに出すことが出来るようになっています。

方法としては画像に書きますが、このタブは自由に移動させることが出来るので、もし違う場所に移動させたいという時はドラッグするだけで簡単に移動させることが出来ます。

ドッキング

 

4.パネルをたたむ

ドッキングと同じでワークスペースを散らかさないための操作です。

右上にある左向きの2つの三角形をクリックすることで、パネルが小さくなり、元に戻すのは右向きの2つの三角形をクリック

 

パネルをたたむ
パネルを展開

 

 

5.パネルのサイズを変える

パネルによって違うのですが、基本的には左端にカーソルを持っていくことでカーソルが「↔」に切り替わり、ドラッグによって左右の大きさを変更することが出来ます。(パネルによっては右端にカーソルを合わせてドラッグする事で左右に大きさを変更させることが出来ます。)

これはパネルによって変更できないものもあるのですが、上下の長さを変更したい時はパネル下部の縁あたりにカーソルを持っていくことでカーソルが「↕」に切り替わり上下に長さを変えることが出来ます。

パネルのサイズ変更

 

僕のワークスペース

 

ここでは実際に僕が普段作業している状態のワークスペースをご紹介していきたいと思います。

その前に言っておきたいのが、ワークスペースは十人十色という事です。

メインの作業内容が変われば使う道具が変わるのは当然のことですし、同じ作業内容でもPhotoshopでは様々なアプローチの仕方があるので、僕のワークスペースを真似したところであなたの作業効率が上がるとは言えません。

そこを理解したうえでご覧ください。

因みに僕のPhotoshopの使用目的は7割が写真のレタッチ作業で、残りがブログで使う画像の作成です。

たまに写真展のDMなんかを作成する事はありますが、その時も特に新たにパネルを表示させて作業するという事はあまりありません。

ということで、写真のレタッチしかしないという方には多少は参考になるかもしれませんのでご覧ください。

 

僕のワークスペース

こう見るととても狭くて作業しづらそうって思いますが、僕は普段モニタを2つ使っているので、実際にはメインモニタにはツールバー(ツールパネル)のみ表示し、サブのモニタに他のパネルを全ておいています。

ワークスペースとしてはかなり広いので、そこまで整理整頓は意識していませんが、使用頻度の低いパネルは一切表示させていません。

 

おすすめのパネル

 

それでは具体的におすすめのパネルを紹介していきたいと思います。

先ほども言った通りに作業内容が違うと使うパネルも全く変わってくるので、あまり大きな声でおすすめとは言えないのですが、基本的にこれは抑えておいたほうがいいだろうというパネルもあるので、そこらへんを踏まえて紹介していきたいと思います。

ここは既に自分のワークスペースを確立している方はとばして進んでください!

おすすめパネル

・ツールパネル(ツールバー)

・レイヤーパネル

・ヒストリーパネル

・アクションパネル

・ナビゲーターパネル

・色調補正パネル

・属性パネル

・チャンネルパネル

やはり写真のレタッチによりすぎてしまうなと感じたので今回はここら辺で。

とりあえず、「レイヤーパネル」、「ヒストリーパネル」、「アクションパネル」の3つは理解して使用出来るか出来ないかで作業効率は大きく変わってくるので、僕的には必須ではないかと考えています。

この3つのパネルを見てなんだそれ?と思った方は最優先でこの3つのパネルについて勉強しておきましょう。

3つのパネルの詳細記事は後日書きます。

 

ワークスペースの保存

 

たとえばPhotoshopで写真のレタッチとイラストの作成や、テキストロゴの作成等複数の作業をする場合は、たくさんの種類のパネルを使っていくことになります。

そういった時にいちいちパネルを表示させたり非表示させたりと、ワークスペースの組み立てから作業が始まるのは非常に効率が悪いですよね。

そんな時に活用したいのがワークスペースの保存です。

メニュバーのなかの「ウインドウ」→「ワークスペース」→「新規ワークスペース」とクリックし、名前を付けて保存することで、今現在のワークスペースを保存することが出来ます。
新規ワークスペース

こうすることで、写真のレタッチの時のワークスペースとイラスト作成時のワークスペースを瞬時に切り替えることが可能です。

 

因みに作業していると、パネルを移動させて作業する事などがよくあり、徐々に徐々に保存していた時の状態から配置が崩れていきがちなんですが、この時はメニューバーの「ウインドウ」→「ワークスペース」→「保存していたワークスペース名をリセット」をクリックする事でいつでも保存当初の配置に戻すことが出来ます。
ワークスペースのリセット

 

まとめ

 

まとめ
・作業効率をあげる為のパネルの整理整頓が重要

・パネルの選択はそれぞれの作業目的によって全く異なってくる

・自分オリジナルにカスタマイズしたら忘れずに保存しておこう

 

 

よかったらこちらもみてみてください↓

 

プロフィール画像
myportfolio

 

最後までお付き合いありがとうございました!!

この記事を書いている人 - WRITER -
アユム
完全独学で風景写真を始めて7年でようやく仕事の依頼をもらえるようになってきた北海道出身栃木県在住のフォトグラファー。 ひょんな出会いから和紙ックという商品の公認フォトグラファーになれたり、奥飛騨温泉郷再生プロジェクトのビジュアルを担当させて頂いたり、振り返ると人生は縁だという事を常々感じ、ボランティアや人との出会いに積極的に時間を使っています。 好きな言葉→【自分事】【必要な時に必要な場所で必要な出会い】 カメラは今迄もこれからも『SONY一筋』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© photoshopと写真のブログ , 2018 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!